PEARL OF AFRICA PROJECT

100% Uganda Organic Cotton

「ウガンダの父」柏田雄一氏(カシワダユウイチ)

ウガンダ共和国でイギリス統治下の時代から約50年間、ウガンダと日本の繋がりを支えてきた柏田雄一氏はアフリカビジネスの先駆者として数々の伝説を残してきた人物である。柏田雄一氏は、山崎豊子著書「沈まぬ太陽」アフリカ篇で、その本に出てくる富士Yシャツのアフリカ現地生産に携わる松田工場長のモデルとして描かれ、内戦が続くウガンダで、貧困削減、平和構築を目指すため現地の雇用を生み出すためにウガンダの発展に繊維業を通して貢献してきた柏田氏のノンフィクションドラマが描かれた。しかし、ウガンダで繊維産業を根付かせるため奮闘してきた事業の中で、数多くの難題にさえなまれ続けた柏田氏は85歳(2015年7月)に現役を引退された。柏田氏の功名は、引退後も数多くの方々から敬意を集めており、柏田氏の2015年までに至る取り組みを継ぐために同プロジェクト「パール オブ アフリカ プロジェクト」が立案された。「ウガンダの父」は、現在同プロジェクトの成功を1番に願う応援者となって同プロジェクトを支えている。